顔肌荒れで皮膚科に行く前に見直したいこと

顔肌荒れは誰にでも起こります。しかし、敏感肌の方は頻繁に顔肌荒れに悩まされているのではないでしょうか。赤い湿疹ができたり、皮がめくれたり、粉をふいたりするケースもあります。こうなると触れるのも痛く、またメイクもできないため外出もままならなくなり、非常に厄介な事態となるでしょう。皮膚科で診察してもらい、然るべき治療を受けるのがベストですが、その前に肌荒れの原因となるものを見直してみましょう。

 

【洗顔フォームを使っていませんか?】
洗顔フォームには合成界面活性剤が使われています。この合成界面活性剤はお肌に非常に悪いもので、顔肌荒れを起こす原因となるものです。洗顔フォームは便利な商品ですが、同時に危険なものでもあるのです。洗顔にはお肌のにやさしい固形石鹸を使うようにしましょう。

 

【保湿を徹底していますか?】
肌の水分不足は肌荒れを招きます。毎日のスキンケアで保湿は十分に行えていますか。高価な化粧水だと惜しみなく使用するのが難しいかもしれませんので、安価な化粧水をたっぷり使用するようにしましょう。顔肌荒れを越しにくくなります。

 

【メイク道具は清潔ですか?】
ファンデーションのスポンジやチークブラシなど、肌に直接触れるメイク道具が汚れていると顔肌荒れの原因となります。放ったらかしにしている人も多いのではないでしょうか。キレイに洗い常に清潔であるようにしましょう。

 

皮膚科に行く前に以上のことを見直してみてください。原因はそれらにあるかもしれません。