顔肌荒れや痒みの原因と対処方法


顔肌荒れや痒みは、様々なことが原因で起こると言われています。

空気が乾燥しやすい季節は、肌の水分が奪われて乾燥してしまい、肌のバリア機能が衰えることが原因で痒みが出てしまうことがあります。
肌が乾燥すると、皮膚の表皮から水分と油分が失われてしまうため、外部からの刺激に敏感に反応してしまうことが原因と言われています。

また女性の場合は、女性ホルモンの乱れや、新しい化粧品に変えた時に、アルコールや保存料、香料などの成分が肌に合わずに顔肌荒れや痒みが出ることもあります。
いつも通りのメイクやスキンケアをしていても、紫外線の刺激が化粧品に反応してしまうことで起きることもあるようです。

その他にも、睡眠不足や季節の変わり目、食生活の偏りやストレスなどによって、肌のバリア機能が低下してしまうことも原因の1つと言われています。

またスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉によって、皮膚がアレルギー反応を起こすことが原因の場合や、化粧品やシャンプーなどで肌荒れや痒みが起きてしまうこともあります。

顔肌荒れや痒みが出ている時にかいてしまうと、症状がさらに悪化してしまうので、保冷剤や濡れタオルなどで冷やすと、一時的に和らげることができます。

それから乾燥しやすい肌の方は、肌に潤いを与えて肌への刺激を受けにくくするために、しっかりと保湿することも大切です。
皮膚がとても薄い顔は乾燥しやすいので、洗顔や入浴後は保湿効果の高い化粧品でできるだけ早く保湿しましょう。